ENEOS適ナビ

CONSTRUCT

トヨタ車バッテリー交換時の設定方法一覧

■ アイドリングストップ車両の注意点 ■

アイドリングストップが搭載されている車両は、常に電流センサーを介してバッテリーの電流を監視しています。その電流値を記憶・積算しその平均値が、ある一定のしきい値になるとアイドリングストップ制御を停止します。(トヨタ、日産、マツダ)

この場合、悪くなったバッテリーを新品に交換後すぐには、アイドリングストップ制御が停止する事はありませんが、しばらくすると電流の積算値がある一定のしきい値に達してしまいアイドリングストップの制御を停止してしまいます。

また、上記以外にもバッテリーの内部抵抗値を測定し(ホンダ)、ある一定のしきい値になるとアイドリングストップの制御を停止してしまいます。

上記の場合は、バックアップをとってバッテリーを交換しても、それぞれ、「電流積算値」「内部抵抗値」の初期化の設定が必要です。この場合外部診断機の機種によっては、リセットできないものもありますのでご注意ください。

★ バックアップ作業をしても

外部診断機が必要な車両一覧 2018年6月現在 当社調べ

社名 名称 車型 年式
トヨタ アルファード AGH30W 27.1 ~
AGH35W 27.1 ~
ヴェルファイア AGH30W 27.1 ~
AGH35W 27.1 ~
オーリス NRE185H 27.4 ~
NZE181H 27.4 ~
カローラアクシオ NRE161 27.3 ~
カローラフィールダー NRE161G 27.3 ~
クラウン ARS210 27.9 ~
サクシードバン NCP160V 28.9 ~
シエンタ NSP170G 27.6 ~
NSP172G 27.6 ~
ハリアー ZSU60W・65W
ASU60W・65W
29.5 ~
スペイド NCP141 27.7 ~
プロボックスバン NCP160V 28.9 ~
ポルテ NCP141 27.7 ~
レクサスGS ARL10 28.9 ~
レクサスIS ASE30 27.7 ~
レクサスLS VXFA50・55 29.12 ~
レクサスRC ASC10 27.9 ~
レクサスRX AGL20W・25W 27.9 ~

最新の車両では、記憶が消去されないように工夫されておりますが、バックアップ電源を使用しないでバッテリーターミナルのマイナス端子を外した場合は、パワーウィンドウ等の初期設定が必要になります。これは、AUTO作動・挟み込み防止機能等が付いている車両でウインドウガラスの位置を記憶しており、電源を外すとその記憶が消去され動作に不具合がでます。他の部位でも同様に記憶が消去されてしまいます。

★注意)一覧表にP/W初期設定と記載が無くても、パワーウインドウ等の操作に不具合がある場合は初期化設定等を行う必要がありますのでご注意ください。また、OEM車の場合は、供給元を参照して下さい。

■ 初期化設定の手順

1パワーウィンドウ(P/W)

★各席のP/Wスイッチで実施するタイプ

  1. P/WスイッチをDOWN操作してウインドウを半開する
  2. P/WスイッチをUP操作してウインドウを全閉停止後、さらに1秒以上スイッチを保持する。

★マスタのP/Wスイッチで実施するタイプ

  1. P/WスイッチをDOWN操作してウインドウを全開停止後、さらに1秒以上(タウンエース/ライトエースは2秒以上)スイッチを保持する。
  2. P/WスイッチをUP操作してウインドウを全閉停止後、さらに1秒以上スイッチを保持する。

※上記作業で初期化が行われない場合は、2.の操作で12秒以上押し続けると初期化が完了する。

■ 挟み込み防止機能点検

  1. ガラスを全開にする。
  2. 木片等を全閉位置付近に設置する。
  3. オートUPでガラスを全閉作動させる。
  4. 木片等を挟み込まず反転下降する事を確認する。
  5. 反転下降中にパワーウインドウのメインS/Wを操作しても上昇しない事を確認する。

2サンルーフ(ムーンルーフ/スライディングルーフ)

タイプ1(クラウン、クルーガーHV、ハリアーHV、マークX、マジェスタ)

スライドスイッチをCLOSE側またはチルトスイッチをTILT UP側に全閉→チルトアップ→チルトダウン→スライドオープン→スライドクローズ→全閉位置で停止するまで押し続ける

※上記作業で初期化が行われない場合は、全閉位置で停止後も10秒以上スイッチを押し続けると全閉位置の記憶が消去される。再度上記の作業を行う。

タイプ2(アルファードG/V、アルファードHV、セリカ、セルシオ、ノア、ヴォクシー、ハリアー、ブレビス、マークⅡブリッド、ランドクルーザー100)

  1. スライドオープンさせ全開にする。
  2. スライドクローズさせ全閉状態から1秒以上スイッチを押し続ける

※上記作業で初期化が行われない場合は、2.全閉位置で停止後も10秒以上スイッチを押し続けると全閉位置の記憶が消去される。再度上記の作業を行う。

タイプ3(ウィッシュ、ウィンダム、オーパ、カムリ、カルディナ、シエンタ、ハイラックス サーフ、ランドクルーザー プラド)

チルトスイッチをTILT UP側にチルト全開状態から1秒以上押し続ける

※上記作業で初期化が行われない場合は、チルト全開位置で停止後も10秒以上スイッチを押し続けると全閉位置の記憶が消去される。再度上記の作業を行う。

3パワー シート

  1. スライド操作させ最前端ロック位置まで動かし、ブザー吹鳴を確認する。
  2. リクライニング操作で、最前端ロック位置まで動かし、ブザー吹鳴を確認する。

4パワー スライドドア(S/D)

  • スライドドアを手動で全閉にする。

※スライドドアを閉じたままバッテリーを外した場合は不要。

5リヤドア サンシェード(R シェード)

  1. IG OFFにする。
  2. フロントまたはリヤスイッチを2回押す。

6バックドア(B/D) パワーウインドウ

  1. スイッチをDOWN操作してウインドウを半開する
  2. スイッチをUP操作してウインドウを全閉停止後、さらに1秒以上スイッチを押し続ける

※上記作業で初期化が行われない場合は、2.の操作で12秒以上押し続けると初期化が完了する。

7パワー バックドア(B/D)

  1. バックドアを手動で全閉にする
  2. P/WマスターS/WのドアコントロールS/WをUN LOCKにする

※バックドアを閉じたままバッテリーを外した場合は2.のみ実施。

8バックドア(B/D) イージークローザー

  1. バックドアを手動で全閉にする
  2. P/WマスターS/WのドアコントロールS/WをUN LOCKにする

※バックドアを閉じたままバッテリーを外した場合は2.のみ実施。

9バックドア(B/D) オープナー

  • P/WマスターS/WのドアコントロールS/WをUN LOCKにする

10パワー トランクリッド(T/R)

  • トランクを全閉にする

※トランクを閉じたままバッテリーを外した場合は不要。

11周辺監視システム等(ステアリングセンサの初期化)

1.バックガイドモニター(BGM)
2.インテリジェント パーキング アシスト(IPA)
3.フロント/サイド(F/S)モニター
4.サイドモニター
5.クリアランス ソナー(C/S)システム
6.パノラミック ビュー(P/V)モニター
7.マルチテレインモニター(MTM)システム

  1. エンジンを始動し、ステアリング ホイールを左右両側にいっぱいに切る

※バックソナースイッチまたは、クリアランスソナースイッチをONにしてから上記作業を行う。

12バリアブル ギヤレシオ ステアリング(VGRS)/EPS(ステアリングセンサ0点取得)

ランドクルーザープラド

  1. 車速40km/h以上で10秒間以上、直進走行する。

マークX
ランドクルーザー200

  1. 車速35km/h以上で5秒間以上、直進走行する。

クラウン、レクサスGS(24.1~) ※新型は40km/h

  1. エンジンを始動し、ゆっくり左右1回転のステアリング操作を2、3回行う
  2. 車速35km/h以上で5秒間以上、直進走行する。

レクサスLS/IS/ISC/ISF/RC レクサスGS(~24.1)

  1. 車速45km/h以上で8秒間以上、直進走行する。

13ビークル スタビリティ コントロール(VSC)

レクサスSC

  1. 車速35km/h以上で5秒間以上、直進走行する。

14AFS(アダプティブ フロントライティングシステム)

エスティマ

●自動中立点記憶

  1. 車速20km/h以上80km/h未満で100m以上直進走行する。

●手動中立点記憶

前準備

  1. 車両を走行させ、ステアリングを直進状態にする。
  2. シフトレンジを「P」または「N」にし、パーキングブレーキを作用させ、エンジン作動状態で車両が動かないようにする。

中立点記憶モード起動

  1. ステアリングを直進状態で、ヘッドランプ スイベル メインスイッチ(AFS OFFスイッチ)を8回(ON 4回)押す
  2. AFS OFFウォーニングランプが点滅することを確認し、その後2秒間隔を空ける。

※ヘッドランプ スイベル メインスイッチ(AFS OFFスイッチ)操作は、約1秒程度の間隔で行う。

第1操作モード

  1. ステアリングを左(右)にいっぱい切った状態で、ヘッドランプ スイベル メインスイッチ(AFS OFFスイッチ)を2回(ON1回)押す
  2. AFS OFFウォーニングランプが点滅から2秒間点灯し、点滅に変わることを確認する。

※ヘッドランプ スイベル メインスイッチ(AFS OFFスイッチ)操作は、約1秒程度の間隔で行う。
※第1操作モードに移行して、20秒以内にヘッドランプ スイベルメインスイッチ(AFS OFFスイッチ)を2回押さないと、中立点記憶モードは解除される。

第2操作モード

  1. 点滅に変わった後、ステアリングを右(左)にいっぱい切った状態で、ヘッドランプ スイベル メインスイッチ(AFS OFFスイッチ)を2回(ON 1回)押す
  2. AFS OFFウォーニングランプが点滅から2秒間点灯し、点滅に変わることを確認する。

※第1操作モード参照

第3操作モード

  1. 点滅に変わった後、ステアリング直進状態に戻し、ヘッドランプ スイベル メインスイッチ(AFS OFFスイッチ)を2回(ON1回)押す
  2. AFS OFFウォーニングランプが点滅から2秒間点灯し、消灯することを確認する。〔中立点記憶完了〕

※ヘッドランプ スイベル メインスイッチ(AFS OFFスイッチ)操作は、約1秒程度の間隔で行う。

※第3操作モードに移行した後、20秒以内にヘッドランプ スイベルメインスイッチ(AFS OFFスイッチ)を2回押さないと、中立点記憶モードは解除される。

レクサスSC

  1. メータ車速35km/h以上で5秒間以上、直進走行する。

15EFIエンジン学習

SST(TaSCAN)が必要な為、本書では省略します。詳細については、既刊の「ハイブリッドカー整備マニュアル」をご参照ください。

16スロットルボデー学習

SST(TaSCAN)が必要な為、本書では省略します。

※学習完了までアイドリング不調になります。

17A/C(サーボモーターの初期化)

新型アルファード /アルファード ハイブリッド
新型ノア/ヴォクシー(~28.1)
新型ノア ハイブリッド/ヴォクシー ハイブリッド(~28.1)
エスクァイア/エスクァイア ハイブリッド(~28.1)
ハイエース(25.12~オートA/C搭載車)
レクサスIS

SST(TaSCAN)が必要な為、本書では省略します。

新型クラウン マジェスタ/クラウン ハイブリッド

  1. IG DFFにする。
  2. IG ONまたはREADY ONにする。
  3. エアコン コントロールパネルのエアコン スイッチと車両設定スイッチを同時に押しながらヘッドランプディマー スイッチをOFF→TAIL→OFF→TAIL→OFF→TAIL→OFFするとサーボモータイニシャライズ選択画面に移行する。
  4. パネルダイアグサーボモータイニシャライズ
    パネル内のサーボモータイニシャライズを選択するとサーボモータイニシャライズ設定を開始する。
  5. 画面指示に従って作業を完了する。

18メモリーコール登録作業(A/C)

メモリー登録

  1. トランスミッタ(全てのトランスミッタ)を用意し、はじめにトランスミッタでドアをロックする。
  2. 登録するトランスミッタのみを携帯し、ドアをアンロックして運転席に乗車する。
  3. HVを起動して、エアコンを作動させる。
  4. IG OFFにする。
  5. 他のトランスミッタも同様に1~4の動作を行う。
  6. 全てのトランスミッタの登録が終わったら、メモリー再生作動点検を行う

メモリー再生作動点検

  1. トランスミッタの識別コードがメモリー登録されている状態 で、IG ONにしたときエアコンが最終の作動状態で再生されることを点検する。

19アイドリング ストップ走行テスト(ISS)

  1. 約15~40分間ストップ&スタート制御が作動されるまで車両を走行。

20インテリジェントクリアランスソナーシステム(ICS)(ステアリングセンサ0点取得)

新型ハリヤー/ハリヤー ハイブリッド
新型クラウン/クラウン マジェスタ
新型プリウス

  1. 車速35km/h以上で5秒間以上、直進走行する。

新型レクサスRX

SST(TaSCAN)が必要な為、本書では省略します。

21アダプティブ ハイビーム システム(AHS)(ステアリングセンサ0点取得)

新型クラウン/クラウン マジェスタ/クラウン ハイブリッド

  1. エンジンを始動する。
  2. ゆっくり左右1回転のステアリング操作を2、3回行う。
  3. 車速35km/h以上で5秒間以上、直進走行する。

新型レクサスLS/レクサスLS ハイブリッド

  1. 車速45km/h以上で8秒間以上、直進走行する。

レクサスLX/RX ハイブリッド

  1. 車速35km/h以上で5秒間以上、直進走行する。

22ヘッドライト オートレベリング システム(HAS)

アイシス

  • SSTを使用の為、本書では省略。

23オートレベリング システム(ALS)ライティングシステム(R/S)

  1. 車速35km/h以上で5秒間以上、直進走行する。

24車線逸脱警報システム(LDA)
プリクラッシュ セーフティ システム(PCS)
インテリジェント クリアランスソナー システム(ICS)
シンプル インテリジェント パーキング アシスト
システム(SIPA)

  1. 車速35km/h以上で5秒間以上、直進走行する。

25ナビの電源が入らない(バッテリ脱着後初回IG ON時)

  1. IG OFF→ON2回実施。

26ナビ関係

ミライ

  1. ナビゲーションディスプレイに「このナビを以前使用されていた車から新しい車にのせかえされましたか」が表示される。

注意:「はい」を選択した場合、サービス検査の設定値が初期値になるため、ダイアグQuick setupの再登録が必要になる。

▲ ページのトップへ
ENEOSトレーディングCopyright © 2018 ENEOS TRADING COMPANY LIMITED All Rights Reserved.