ENEOS適ナビ

CONSTRUCT

ミツビシ車バッテリー交換時の設定方法一覧

最新の車両では、記憶が消去されないように工夫されておりますが、バックアップ電源を使用しないでバッテリーターミナルのマイナス端子を外した場合は、パワーウィンドウ等の初期設定が必要になります。これは、AUTO作動・挟み込み防止機能等が付いている車両でウインドウガラスの位置を記憶しており、電源を外すとその記憶が消去され動作に不具合がでます。他の部位でも同様に記憶が消去されてしまいます。

★注意)一覧表にP/W初期設定と記載が無くても、パワーウインドウ等の操作に不具合がある場合は初期化設定等を行う必要がありますのでご注意ください。また、OEM車の場合は、供給元を参照して下さい。

1パワーウィンドウ(P/W)

  1. P/WスイッチをDOWN操作してウインドウを全開にする。
  2. P/WスイッチをUP操作してウインドウを全閉にした後、スイッチから一旦手を離して全閉側に1秒間保持する
    (1回のスイッチ操作で0.5秒間作動し、自動的に停止するため、この操作を繰り返して全閉にする。)

※D:2はスズキを参照。D:3/は日産を参照。

■ 挟み込み防止機能点検

  1. ガラスを全開にする。
  2. 木片等を全閉位置付近に設置する。
  3. オートUPでガラスを全閉作動させる。
  4. 木片等を挟み込まず反転下降する事を確認する。
  5. 反転下降中にパワーウインドウのメインS/Wを操作しても上昇しない事を確認する。

2バックビュー(B/V)モニター

  1. ステアリングを左右フル転舵する
  2. ステアリングを直進状態で速度30 km/h以上100 m以上走行

3スロットル学習

eKワゴン/eKスペース以外

  1. エンジンを始動し、エンジン冷却水温が85℃以上になるまで暖機する。(エンジン冷却水温が80℃以上の場合は、IGスイッチをON位置にするだけで、暖気不要)
  2. IGスイッチを「LOCK」(OFF)位置にする。
  3. 10秒以上経過後エンジンを再始動する。
  4. Pレンジで、A/Cやライト類等が非作動の状態で10分間アイドル運転を行った後、エンジンが正常なアイドル状態であることを確認する。

eKワゴン/eKスペース

  1. IGスイッチをONにした後、「LOCK」(OFF)位置にする。
  2. 10秒以上保持する。

4ASTCシステム(アクティブスタビリティトラクションコントロール)

  • SST(MUT-Ⅲ)を使用の為、本書では、省略。

5CVT油圧制御の学習

  1. エンジンを完全暖気後、エアコンOFFとONで各10分間、Nレンジでアイドル放置
  2. エンジン停止後、CVT油温が外気と同じ温度になるまで放置。

冷態時

  1. ガレージシフト学習
    エンジンを始動させ、N→D及びN→R操作(各レンジ2秒以上保持)を各2回実施し、ショックが無ければ完了。
    (ショックが大きい場合は、上記の操作を最大10回まで行う。)
  2. ライン圧&変速制御学習
    20秒間Dレンジでアイドル放置。
  3. CVT油温を40℃まで上昇。
  4. 直結制御学習
    Dレンジで40~50km/hで5秒間定常走行。

温態時

  1. CVT油温を80℃まで上昇。
  2. 6.冷態時と同じ操作。
▲ ページのトップへ
ENEOSトレーディングCopyright © 2018 ENEOS TRADING COMPANY LIMITED All Rights Reserved.