ENEOS適ナビ

CONSTRUCT

ダイハツ車バッテリー交換時の設定方法一覧

最新の車両では、記憶が消去されないように工夫されておりますが、バックアップ電源を使用しないでバッテリーターミナルのマイナス端子を外した場合は、パワーウィンドウ等の初期設定が必要になります。これは、AUTO作動・挟み込み防止機能等が付いている車両でウインドウガラスの位置を記憶しており、電源を外すとその記憶が消去され動作に不具合がでます。他の部位でも同様に記憶が消去されてしまいます。

★注意)一覧表にP/W初期設定と記載が無くても、パワーウインドウ等の操作に不具合がある場合は初期化設定等を行う必要がありますのでご注意ください。また、OEM車の場合は、供給元を参照して下さい。

1パワーウィンドウ(P/W)

■ 初期化設定の手順

  1. P/WスイッチをDOWN操作してウインドウを全開にする。
  2. P/WスイッチをUP操作してウインドウを※1※2全閉停止後、さらに2秒間※3保持する

※1 YRV、ストーリア、テリオス、テリオスキッド/テリオスルキア、ネイキッド、マックスは、5回以上オート・アップ作動を行う。
※2 アトレー7、アトレーバン、ミラセダン(L7系)は、1回オート・アップ作動を行う。
※3 コペンは、3秒以上。ミライース/サンバーは、6秒以上。新型パッソは6秒間。

※車種によっては、長時間スイッチを操作すると、PTC(連続作動制限機構)の働きにより運転席ドアガラスが動かなくなり、さらにスイッチ操作を続けると一時的にAUTO作動およびリモート作動が出来なくなる場合があるため、しばらく時間を置いて、再度初期化作業を実施する。

■ 挟み込み防止機能点検

  1. ガラスを全開にする。
  2. 木片等を全閉位置付近に設置する。
  3. オートUPでガラスを全閉作動させる。
  4. 木片等を挟み込まず反転下降する事を確認する。
  5. 反転下降中にパワーウインドウのメインS/Wを操作しても上昇しない事を確認する。

2パワー スライド ドア(S/D)

  • スライドドアを手動で全閉にする

※スライドドアを閉じたままバッテリーを外した場合は不要。

3DVS(ダイハツ ビークル スタビリティコントロール システム)

  • グリップ走行を約5分程度行うと初期設定される。

4スマートアシスト(舵角センサの初期化)
プリクラッシュセーフティシステム(PCS)

舵角中点の初期設定は、しばらく走行することで完了する
下記の要領でも完了する。

ローラ設備を使用する場合。(四輪が同期して作動するタイプ

ミライース

  1. 車速約 65km/h以上で、約20秒以上走行

ウェイク/キャスト

  1. VSCのテストモードを起動する。
  2. 車速約 65km/h以上で、約20秒以上直進走行を行う

実際の走行で完了させる場合。

  1. “IG OFF”状態から“IG ON”(エンジン始動)にする。
  2. ステアリングを左右いずれかの方向へ10°以上操作し、中点(直進位置)に戻す
  3. Dレンジにして、メータ指示で10km/h以上まで加速する
  4. ブレーキを踏み、一旦停止する
  5. ステアリングをほぼ中点に保った状態で、かつメーター指示で40km/h以上まで加速する
  6. メーター指示で 40km/h以上に到達後、その状態を5秒以上継続する。

※手順1~6の間は“IG OFF”しない。
※手順2終了後から手順5開始前まではステアリングを切っても問題ない。
※手順4終了後から手順5開始前までは、何回走行・停止を繰り返しても問題ない。

5ダイハツ アイドリングストップ車 エコアイドルオフ点滅時の消去方法

バッテリーの電圧低下に伴い、【eco IDLE OFF】のランプが橙点滅する場合に下記方法にて表示を消去出来ます。

【警告灯表示箇所】

【警告灯】

バッテリーの電圧低下でエコアイドルオフランプが橙点滅する場合があります。(ダイアグノーシスコード「始動時電源電圧低下異常」の診断をした場合表示されます。)

【消去方法】

  1. 車両を停止状態にする。
  2. イングニッション(IG)スイッチを“LOCK”にしヒューズブロック内(車内)のECU-Bヒューズ(10A)とリレーブロック内(エンジンルーム内)にあるBACK UPヒューズ(15A)を60秒以上(常温)抜き取り。60秒以上経過後再度差し込んで下さい。

※注意事項 

  1. 冷間時は、消去時間が長くなる場合があります。
    その場合は、再度ヒューズを抜き取り作業を行い抜き取り時間を長くして下さい。
  2. 作業中は、予備電源(バックアップ)を使用しないで下さい。
  3. ナビ等の盗難防止や初期設定にご注意ください。
    (盗難防止解除のパスワードをユーザーへ事前確認願います。)

【車種別ヒューズ搭載位置】

車輛型式 車種名 ヒューズ搭載位置
ECU-B(10A) BACK UP(15A)
LA300 ミラ イース ヒューズブロック リレーブロック
LA100 ムーヴ ヒューズブロック
LA150  ムーヴ カスタム ヒューズブロック
ムーヴ
L375  タント リレーブロック
タント カスタム
LA600  タント ヒューズブロック
タント カスタム
L455  タントエグゼ リレーブロック
タントエグゼ カスタム
L575  ムーヴ コンテ リレーブロック
ムーヴ コンテ カスタム
L675 ミラ ココア リレーブロック
LA700 ウェイク ヒューズブロック
LA400 コペン ヒューズブロック
M600 ブーン リレーブロック
M700 ブーン 不要
LA250   キャスト アクティバ 不要
キャスト スタイル
キャスト スポーツ

※M700系・LA250系はBACK UPヒューズのみ抜き取り。

リレーブロック配置図

ヒューズブロック配置図

【注意】アイドリングストップシステムに不具合がある場合も、橙点滅をする事が有ります。

▲ ページのトップへ
ENEOSトレーディングCopyright © 2018 ENEOS TRADING COMPANY LIMITED All Rights Reserved.